GXリーグ

2022年2月1日、 経済産業省 産業技術環境局より
『GXリーグ基本構想』を発表いたしました。
本WEBサイトでは、2023年4月からのGXリーグ本格稼働に向けた活動詳細をご紹介します。

NEWS

資料:「GXリーグ 準備期間(2022年度)の活動について」を公開しました。(資料はこちらから)
GXリーグ基本構想賛同企業を公表しました。
GXリーグ基本構想サイトをオープンしました。
「GXリーグ基本構想」を公表いたしました。

ABOUT GX LEAGUE

GXとは

「グリーントランスフォーメーション」の略。
2050年カーボンニュートラルや、2030年の国としての温室効果ガス排出削減目標の達成に向けた取組を
経済の成長の機会と捉え、排出削減と産業競争力の向上の実現に向けて、経済社会システム全体の変革がGXです。

GXリーグはGX企業が産官学と協働する場

2050年カーボンニュートラル実現と社会変革を見据えて、
GXヘの挑戦を行い、現在および未来社会における持続的な成長実現を目指す企業が
同様の取組を行う企業群を官・学と共に協働する場が、GXリーグです。

GXリーグが目指すもの

GXへの挑戦を行う企業が、排出量削減に貢献しつつ、
外部から正しく評価され成長できる社会(経済と環境および社会の好循環)を目指します。

GXリーグのコンセプトは「リーダーシップ

GXリーグが目指す好循環には
多くの企業による自発的・能動的な未来社会への行動、「GXへのリーダーシップ」が必要です。
GXリーグは、リーダーシップを持って2050年のあるべき社会をリードする未来企業の集合体を目指します。

1. なぜ始めるのか

① 企業努力は、正当に評価されているのか

日本企業の環境投資を正当に評価する構造が必要

② 欧州標準を受け入れるだけで、勝ち筋はあるのか

官民連携でのルール形成能力を高めていくことが重要

③ 日本から世界に対して、市場創造の提案ができているのか

GX市場の創造のために、リーダーシップが求められている

2. なにを目指すのか

① 企業が世界に貢献するための
リーダーシップのあり方を示す

これまで
欧州中心のイニシアチブが世界に普及
今後必要な議論
生活者視点でのカーボンニュートラルに向けた未来像を踏まえ
GX実践企業のリーダーシップ(行動指針)を議論

② GXとイノベーションを両立し、いち早く移行の挑戦・実践を
した者が、生活者に選ばれ、適切に「儲ける」構造を作る

これまで
炭素削減価値を表示する手段が限定的・未設備
グリーン商品が選定される市場が存在しない
今後必要な議論
新たな市場創造のための官民でのルールメイキング
(表示ルール、グリーン商品の調達の推進 等)

③ 企業のGX投資が、金融市場、労働市場、市民社会から
応援される仕組みを作る

これまで
削減目標の野心度、排出量の多寡で評価
今後必要な議論
上記に加えて、移行努力、削減貢献、GX投資も評価可能な仕掛けを議論

GXリーグが提供する
3つの場

以下の3つの場を通じて
「先駆的取組を主導する事業者間での対話を通じた政策形成
という新たな手法へのチャレンジを共に行います。

① 未来社会像対話の場

2050年カーボンニュートラルのサステイナブルな未来像を議論・創造する場

産官学民 の幅広いステークホルダーが、ワーキンググループを構成して、
未来像とそこに向けた経済社会システムの移行像を示す。
(例:生活者視点のサステイナブルな経済社会システムのあり方、2050CN時代の企業の役割 等)

② 市場ルール形成の場

カーボンニュートラル時代の市場創造やルールメイキングを議論する場

上記未来像を踏まえ、新たなビジネスモデルを検討し、市場創造のためのルール作りを行う。
(例:CO2ゼロ商品の認証制度 等)

③ 自主的な排出量取引の場

カーボンニュートラルに向けて掲げた目標に向けて自主的な排出量取引を行う場

高い排出量削減目標を自主的に掲げ、その達成に向けた取組の推進・開示と、
カーボン・クレジット市場を通じた自主的な排出量取引を行う。

図

GXリーグが目指す未来

(梶川文博 経済産業省 環境経済室長)
動画

※これより先は、
「YouTube」のホームページに遷移します。

賛同企業

基本構想に賛同頂いている企業のご紹介です。
(業種ごと賛同順 2022年4月1日時点)

合計440
※3月31日にいただいた賛同表明の事務確認作業のため、
今後更新することがあり得ます

製造業

サービス業(他に分類されないもの)

情報通信業

金融業、保険業

卸売業、小売業

電気・ガス・熱供給・水道業

学術研究、専門・技術サービス業

建設業

運輸業、郵便業

不動産業、物品賃貸業

複合サービス事業

生活関連サービス業、娯楽業

鉱業、採石業、砂利採取業

教育、学習支援業

農業、林業

漁業

宿泊業、飲食サービス業

その他

SCHEDULE

本構想で提示した個別の内容については、初期に賛同頂いた企業とともに、議論を行いながら、必要に応じて修正を加えつつ、GX リーグの本格稼働に向けた準備を進め、2022年秋以降に、カーボン・クレジット市場も含む実証事業を実施しつつ、2023 年 4 月以降の GX リーグ本格稼働を目指した議論を進めていく予定です。

CONTACT

GXリーグ基本構想に関するお問い合わせや、
その他GXリーグに関するご質問などはこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ
※ メーラーソフトが起動します