ABOUT GX LEAGUE

GXとは

「グリーントランスフォーメーション」の略。
2050年カーボンニュートラルや、2030年の国としての温室効果ガス排出削減目標の達成に向けた取組を
経済の成長の機会と捉え、排出削減と産業競争力の向上の実現に向けて、経済社会システム全体の変革がGXです。

GXリーグはGX企業が産官学と協働する場

2050年カーボンニュートラル実現と社会変革を見据えて、
GXヘの挑戦を行い、現在および未来社会における持続的な成長実現を目指す企業が
同様の取組を行う企業群を官・学と共に協働する場が、GXリーグです。

GXリーグが目指すもの

GXへの挑戦を行う企業が、排出量削減に貢献しつつ、
外部から正しく評価され成長できる社会(経済と環境および社会の好循環)を目指します。

GXリーグのコンセプトは「リーダーシップ

GXリーグが目指す好循環には
多くの企業による自発的・能動的な未来社会への行動、「GXへのリーダーシップ」が必要です。
GXリーグは、リーダーシップを持って2050年のあるべき社会をリードする未来企業の集合体を目指します。

1. なぜ始めるのか

① 企業努力は、正当に評価されているのか

日本企業の環境投資を正当に評価する構造が必要

② 欧州標準を受け入れるだけで、勝ち筋はあるのか

官民連携でのルール形成能力を高めていくことが重要

③ 日本から世界に対して、市場創造の提案ができているのか

GX市場の創造のために、リーダーシップが求められている

2. なにを目指すのか

① 企業が世界に貢献するための
リーダーシップのあり方を示す

これまで
欧州中心のイニシアチブが世界に普及
今後必要な議論
生活者視点でのカーボンニュートラルに向けた未来像を踏まえ
GX実践企業のリーダーシップ(行動指針)を議論

② GXとイノベーションを両立し、いち早く移行の挑戦・実践を
した者が、生活者に選ばれ、適切に「儲ける」構造を作る

これまで
炭素削減価値を表示する手段が限定的・未設備
グリーン商品が選定される市場が存在しない
今後必要な議論
新たな市場創造のための官民でのルールメイキング
(表示ルール、グリーン商品の調達の推進 等)

③ 企業のGX投資が、金融市場、労働市場、市民社会から
応援される仕組みを作る

これまで
削減目標の野心度、排出量の多寡で評価
今後必要な議論
上記に加えて、移行努力、削減貢献、GX投資も評価可能な仕掛けを議論

GXリーグが提供する
3つの場

以下の3つの場を通じて
「先駆的取組を主導する事業者間での対話を通じた政策形成
という新たな手法へのチャレンジを共に行います。

① 未来社会像対話の場

2050年カーボンニュートラルのサステイナブルな未来像を議論・創造する場

産官学民 の幅広いステークホルダーが、ワーキンググループを構成して、
未来像とそこに向けた経済社会システムの移行像を示す。
(例:生活者視点のサステイナブルな経済社会システムのあり方、2050CN時代の企業の役割 等)

② 市場ルール形成の場

カーボンニュートラル時代の市場創造やルールメイキングを議論する場

上記未来像を踏まえ、新たなビジネスモデルを検討し、市場創造のためのルール作りを行う。
(例:CO2ゼロ商品の認証制度 等)

③ 自主的な排出量取引の場

カーボンニュートラルに向けて掲げた目標に向けて自主的な排出量取引を行う場

高い排出量削減目標を自主的に掲げ、その達成に向けた取組の推進・開示と、
カーボン・クレジット市場を通じた自主的な排出量取引を行う。

図

GXリーグが目指す未来

(梶川文博 経済産業省 環境経済室長)
動画

※これより先は、
「YouTube」のホームページに遷移します。

MEMBER

SUPPORTERS

2022年10月31日までに 合計551社の企業から、GXリーグ基本構想に賛同をいただきました。
賛同企業551社がそれぞれ、GXリーグに対して現在どのような取り組みをしているのか、どのようなGX参加への意気込みを持っているのか、今後の活動方針についてご紹介させていただきます。

MANAGEMENT OFFICE

私たちはGXリーグ運営事務局として2023年度以降にGXリーグを本格稼働することを目指し、賛同企業の皆様とともにGXリーグという枠組みの構築していきます。

梶川 文博
全体統括
梶川 文博
経済産業省
新美 雄太郎
プロジェクト・リーダー
新美 雄太郎
株式会社野村総合研究所
野口 真理子
コミュニケーションデザイン統括
野口 真理子
株式会社博報堂
マーケットデザインコンサルティング局

TOPIC

GXリーグに関連する資料やリンク一覧はこちらからご確認いただけます。